転職のための自己分析の内容

経歴のたな卸

自己分析をきちんとしておくと、転職活動がうまくいきます。
転職のための自己分析の具体的の内容とは、どのようなものなのでしょうか。
自己分析の重要なことは、自分という人間を、より深く知ることです。
自己分析の方法はいろいろありますが、自己分析の内容は共通したものがほとんどです。
まずすべきことは、経歴の棚卸しです。過去に自分がしてきたこと、自分のいいところなどを、一つ一つ挙げていきます。
過去の経験や、評価の高かった物事などを、思い出してまとめてみます。
これらのステップを踏むことで、自分にどういった能力があるかが見えてきます。

どういう仕事をしたいのかを考える

なぜ自分は転職したいのか、どういう仕事がしたいのかというのも大事な自己分析の内容です。
自分の行動は何を重視していきたいのかを改めて考え直し、一定の結論を出すことも、転職活動では重要なこといえます。
働きたい場所やエリアや給与のほか、待遇などについてもはっきりさせるのも転職のための自己分析のひとつです。

さまざまな角度から自己分析を

細部まで確認し直すことによって、どんな仕事をしたいか、どんな企業で働きたいかが明確になります。
様々な角度から自己分析をすることで、転職活動を達成することができるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上部へスクロール