自宅で安心してプロの料理を楽しめる『出張シェフ』その人気の秘密を探る!

 

最近話題の『出張シェフ』は、コロナ禍でむやみに外出できない人たちだけでなく、営業すらまともにできない飲食店や料理人にとっても新しい需要を生み出す職業として注目されています。

 

 

自宅の台所をつかってシェフが作ってくれる本格的な料理を、レストランよりも手軽な料金で楽しめるのが大きな魅力ですが、実際に利用する人はどのような機会に利用しているのでしょうか?

実際に出張シェフとして活躍しているフレンチの料理人にお話を伺うと、家族やカップルでの誕生会や記念日をはじめ、親戚や友人を交えたパーティーなどに呼ばれることが多いようですが、意外に多いのが主婦のランチ会だそう。

1人のシェフで作れる料理は上限で6名から8名ですが、ギリギリいっぱいの上限の人数でお願いするほうが割り勘にすると安くなるので、主婦は上手に利用しているようです。それは、シェフにとっても総料金額が増えるし、仕入れも大人数の方がしやすいので助かると言います。

 

 

出張シェフが喜ばれる秘密は、その料理が美味しいのはもちろんですが、料理の仕込みからサービス、後片付けまでを一貫してしてくれることにあります。

毎日の食事で、後片付けまでする主婦にとって、家族や友人と食事の後までゆっくりと寛げる時間があることは喜ばしいことなのです。また、小さなお子さんがおられるご家庭では、たとえレストランで食事をするにしても、そもそも入れてもらえなかったり、周囲に気を使うのでファミリーレストランくらいにしか行けず、本格的な料理を楽しむ機会すら持てないのが現実。そんなときでも、自宅にシェフが来てくれれば、安心して食事を楽しむことができます。

 

 

出張シェフはインターネットで予約することができて、しかも料理のジャンルも多岐にわたります。フレンチやイタリアンがもちろん、和食や中華、アジア料理など、ほぼ世界中の料理を楽しむことができます。

料理の材料も、自宅にあるものをアレンジして作ってもらったりすることも可能で、アレルギーがある方でも安心。メニューも、ある程度決まったコースから選んだり、自分の好きな料理やメニューをオーダーすることもできます。料理にあわせたワインなどもあらかじめ予算を伝えておけば、専門知識豊かなプロが選んだ物を持参してくれます。

まさに至れり尽くせりなサービスですが、これにはシェフにも大きな利点があります。

 

通常、料理人が仕事をするのは料理店で、お店の維持には大きなコストがかかります。とくに飲食店の経営に大きなリスクを抱えてしまっているいま、全く経費のかからない主張シェフという働き方が、料理人から大きな注目を集めるのは当然なのかも知れません。

 

 

そんな出張シェフを呼んで、自宅でレストラン気分を味わうにはいくらかかるのでしょうか?次に、出張シェフの料金相場について検証しましょう。

出張シェフの料金は、ランチの時間の最安値で3000円くらいから。平均相場は5000円~10000円程度となっています。料理の内容によって料金が変わります。ディナータイムも同じように5000円~20000円の幅となっています。当然2万円のコースの方が料理の内容や質は高かく、レストランで同じ料金の料理を食べるよりも豪華な内容でお得です。

 

 

シェフに予約する場合は、できるだけ早くに予約する方が細かなリクエストが通りやすいです。また、オプションやキャンセル、支払い方法などについては予約する前に注意して確認しておきましょう。

出張シェフはまだまだメジャーとは言えませんが、上記のようなメリットが多い出張シェフの需要は、これからもどんどん増えていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください