転職で面接に行った際の質問の重要性

面接の準備

転職を成功させるためは、面接の突破は必須です。
面接をクリアしなければ転職はうまくいきませんので、面接の準備はとても大事です。
面接の対策として気をつけておくべきポイントについて、いくつか調べてみました。

身だしなみを整える

まずは、第一印象を良いものにするための身だしなみを整えることです。
第一印象は、面接の相手にいい評価をしてもらうためには、とても大事です。
清潔感のある見た目だけでなく、言葉使いや挨拶、所作なども大事です。

取るべき態度

また、目上の相手に対してとるべき態度なども再確認しておきましょう。
相手からネガティブな印象を持たれたくないからと、問題のなさそうな答え方しかしないでいると、面接では没個性で終わってしまいます。
面接では、当たり障りのない答え方をするのではなく、自分という人間の価値観をきちんと言葉で表現することです。

ポジティブな理由をあげる

中途採用の場合、面接では、転職の動機や、前の職場をやめると決めた理由を聞かれることが多いですが、どういった答え方がベストでしょう。
前職を辞めた理由の答え方が良くないと、当然印象が悪くなりますから、誤解を与えないような表現で伝えることが大切です。
人間関係の悪化や、現在の職場への不満などを、転職の動機として挙げるのは、よくない場合があります。
今後のキャリアアップのためや、自分の能力を活かしたいからといった、ポジティブな理由を挙げるようにしましょう。

面接のラストで質問をする

最後に質問はないですか、と面接のラストで聞かれるパターンも少なくありません。
何もありません、と答えると、自分のことを相手に見せる機会わ棒にふってしまいます。
質問はないかと聞かれたら、採用後を想定した質問をするなどして、この会社で仕事をしたいと考えているという態度を相手に見せることが大事です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上部へスクロール