転職活動の自己PRの内容

どのような自己PRをするかは、転職活動では重要です。自己PRに失敗すれば、転職活動も思うようにいかないことは、よく知られていることです。どのような自己PRが、転職活動の成功確率を高めることが可能になるのでしょうか。

一般的な自己PRでは、今までの自分の経歴と、スキルや実績に合わせて、転職に至った考え方などを面接の場で相手に伝えることになります。自己PRは、応募先によってセールスポイントを変えるようにしましょう。そして、とくにネットからの応募ではいかに自分を差別化するかを、考えて自己PRを作り上げましょう。わかりやすく、すっきりまとめた文章にしましょう。会社が欲している技能や技術をメインに据えて、アピールポイントが明確になるような自己PRをします。過去に自分がしてきたことを折り込みながら、自分自身を相手に売り込んでいきます。過去の実績や、やり遂げた内容などをまとめて、相手に伝わりやすい形に整えて、自己PRをまとめます。

自己PRでは、過去に積みあげてきた実績が自分のこれからにどんなふうに関わっていくかということも、主張しましょう。自分が持っている良さが、今後の仕事でどんな形で活かされていくかも、主張要素になります。自分の短所も、ネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに考えて、セールスポイントにしましょう。自己PRでは、今保有している技能や資格なども役に立つでしょう。転職を成功させるには、自己分析をしっかり行い、効果的な自己PRにつなげることで、自分の価値を企業に伝えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA