年代別にみる転職の自己PRのポイント

自己PRをどうするかで、転職活動がうまくいくかは大きく異なります。希望の職種へと転職を成功させるためには、きちんとした自己PRを作ることが欠かせません。何歳の時点での転職かでも、自己PRの内容は異なります。

同じ自己PRでも、これから社会に船出しようと20代と、社会人人生も半ばの40代とでは、条件が違います。20代の場合はアルバイトでの経験や自分の長所、短所といった新卒採用と同じような自己PRになってしまいがちです。

一方、中途採用は、新卒とはまた違う見方をします。これまでの実績や経験と、自己PRがつながっていることが、説得力のある自己PRになるでしょう。自己PRを30代で作成する時も、実績があってのことです。効果的な自己PRを作成するなら、過去の出来事を淡々と書くだけでは不十分です。

どのようなことを成し遂げて、どんな実績を残したかを、筋道立ててまとめます。企業サイドから見て、戦力になれる人材かどうかを判断する基準が、自己PRであるといえます。自己PRを作る時に大事なことは、シンプルで、要点をまとめた自己PRの文章をつくることです。

40代の場合には、キャリアは長いけれども仕事に対する考え方が固まってしまい新たなチャレンジがしにくのではと思われがちです。自己PRを作成する時には、実績や経験だけでなく、新しい環境に飛び込む積極性も意識するといいでしょう。何歳の時点での転職活動なのかを考慮に含めて自己PR文をつくることが、自分を売りこむために必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください