突然ですが、良い文章とは何でしょうか。
読んで面白い、見てためになる、発見がある、驚きがある。
良い文章とは、人の興味を惹きつけ、その興味を持続させることで、
読み手に学ぶ機会をもたらし、時には非日常の世界へと誘うことができる。
そのようなベネフィットを読者にもたらすことができるものだといえます。

では、文章は文章でも商業的な文章となるといかがでしょうか。
冒頭の内容を含むことはもちろん大切なのだと思いますが、
追求すべきはそこではないと言えます。
では商業文章における”いい文章”とは何なのでしょうか。

それはずばり、利益に直結するものだと断言できます。

読み手の購買意欲を刺激し、商品やサービスの購入につなげること。
それ以上でもそれ以下でもなく、それが商業的文章の役割だといえます。
文字量が多かろうが少なかろうが、
一円でも利益につながらない文章の価値は、ゼロといっても過言ではありません。

だからこそ、HDNは商業文章の真理を重んじ、
クライアントの利益の最大化に貢献することを使命としています。

代表取締役 羽 田 野 剛 士

 

代表プロフィール

1980年生まれ。2005年、徳島大学大学院修了。
某大手転職サイト運営会社にコピーライターとして勤務。
地方拠点の制作部門の責任者などを経た後、メディカル系企業に入社。
首都圏・近畿圏を中心に従業員向け健康管理プログラムの導入支援を行ないつつ、
自らの事業として各種メディアの記事広告の制作事業を立ち上げる。
2017年1月に法人化。株式会社HDNを設立。現在に至る。