就職面接における質問のマナーについて

就職活動をしている時、採用面接でプラスの評価を相手に持ってもらうためにすべきことは何でしょうか。

面接時の基本的なこと

面接官に勧められるまでイスに座らない、話す時は相手の目を見て、という基本的なことは守ってしかるべきです。
面接官としては、社会人として知っておかなければいけないことは、知ってて当然というスタンスで面接をしています。

面接では要点を押さえて

面接の担当者とコミュニケーションを取ることは、面接本の情報を踏まえてもなかなか大変なものです。
面接官との対話とは、質問されたことに対する回答だけでなく、面接官への質問もあります。
相手の質問には、適切な答えを返すことが、面接の基本です。くだくだしくなりすぎず、要点を押さえて答えましょう。
担当者の言っている言葉が腑に落ちたといっても、大げさな相槌を繰り返すことは適切ではありません。

相手の都合に合わせること

意識しないで相槌を打ってしまうという人もいますので、普段から自分のしていることを振り返ってみましょう。
相手の言葉に口を挟むことも失礼にあたりますので、わからないことがあった時も、面接官の話が一段落するまで待つことが大事です。
他人とコミュニケーションをとる時の常識がわかる人物だと理解してもらうためには必要なステップです。
面接の最後には、面接官からほかにご質問はありますかと聞いてくるのが普通ですので、その時まで質問を控えるという方法もあります。
就職活動を成功させるためには、面接で行う質問は、相手の都合に合わせるように心がけましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上部へスクロール